こないだのモーニングショーで、美木良介氏のロングブレスダイエットの話を聞いて思ったこと

※何かのプロモーションをしているつもりはございません。ここで紹介している本をおススメする気もございません。

こないだ、テレ朝のモーニングショーに、ロングブレスダイエットでお馴染みの美木良介氏が出ていました。
最近、本を出して、そのプロモーションのためだったようですけれど、ふと思ったんですけれど、ブログではいちいちプロモーションを含んでいますって書かなければいけないのに、テレビではそういうことを表示しなくて良いんだな、と思ってしまった。
ま、テレビは民放では、ほぼどの番組も、何かのプロモーションみたいなものではあるけれど。

ロングブレスダイエットを知らない人はこちらをどうぞ。


www.youtube.com

正直なところ、私はこれをバカバカしいと思っていたんですよ。こんなことで痩せられるはずないって。仮に痩せられるとしても、もっと効果的な方法はいくらでもあるはずだってね。

今回、番組では、痩せる効果だけではなくて、パーキンソン病や不眠、尿漏れなどまで言及していました。

詳しい内容はここでは特に書かないですけれど、最近読んだ本に共通性を感じました。

 

 

もしかして、このロングブレスというのは、ミトコンドリアを活性化させる方法の一つなのではないかってね。

ミトコンドリアは細胞の中にあって、脂質や糖質からエネルギーを産生します。
よく、老化は筋肉量が少なくなっているから体を動かしましょう、筋肉を付けましょう、減らさないようにしましょうというけれど、いくら筋肉があっても、エネルギーを作れなければ身体を動かすことはできないのです。
むしろ大きすぎる筋肉はたくさんのエネルギーを必要とします。十分にエネルギーを産生できなければ、かえって身体が動けない原因になってしまう。
有名なところでは、元プロボクサーのモハメド・アリパーキンソン病でしたね。ものすごいアスリートです。筋肉はたっぷりあったはず。でも、大きな筋肉が故に使うエネルギー量も半端なかったはず。筋肉が大きくて、必要としているエネルギー量を産生できなくなっていたのではないか、そんな気がしています。私はあくまで素人です。自分が読んだ本の中からの推論に過ぎないのですけれども。

美木氏は番組の中で、このロングブレスがパーキンソン病に効果があったとしているとし、「薬に頼らずパーキンソン病を改善する方法」のセラサイズでは、ミトコンドリアを増やして活性化させることでパーキンソン病の改善につながるとしています。また、モデルさんがきれいすぎて買ってしまった「ねじれ筋のばし」の本では、ミトコンドリアを増やして活性化させることで痩せちゃうというのですが、なぜ痩せるかと言えば、エネルギーを作り出して贅肉をより消費しやすい身体になるからです。

これほどいろいろな分野で「民間療法」が効果を出している(らしい)というのに、これを医学界の人達が放っておくのはもったいないと思うんですけれどね。もっとこの方向で研究をやったら良いのにって。

よく栄養療法の藤川徳美医師が言ってるんですよ。医学書よりも一般書の方がよほど参考になるって。頭がぎちぎちに固まっている医者なんかよりもずっとね。

何に効果があって、何に効果がなかったか、科学的に立証して最適解を出すことができれば、パーキンソン病を初め、同じことが原因で起きている病気で苦しんでいる人の役に立つはず。
よく言われるのが、医者にとってはそれをやっても金儲けにならない。高い薬を処方した方が収入が増えるというもの。それが本当なら、なんだかなぁという気持ちです。

スーパーで働いていた時に、アルバイトに高専の学生がいたんですよ。
コンピュータのシステムの開発を専攻していました。
コンピュータ関連のことならなんでも彼を頼りにしていました。
例えばデータ入力なんかでも、ふだんやり慣れないパートのおばちゃんの数倍も早く、そして正確でした。特に決算、棚卸の時は頼りっ放しでした。
(彼は高専を卒業後、かなり難しい大学に編入して、その後IT関連の会社に就職しました。)

棚卸の集計をしていて一息ついた時の雑談で、高専の話になったんですね。
高専と言えば有名なのが、ロボコンですね。


www.youtube.com

頑張れロボコン、デンガラッタデンガラッタ ♪
ではなくて、ロボットコンテストの方。


www.youtube.com

パートのおばちゃんたちが、あれ面白いよねー、スゴイよねー、って話をしていたんですけれど、彼は小馬鹿にするように、あんなの大した技術じゃないんですよ、自分はもっとすごいことをやってるんですよ~みたいなことを言い出して。

確かに彼がコンピュータの話を始めると私は全く理解できなかったし、ものすごいことをやっていたのでしょう。

そして確かにロボコンは最先端の技術ではないかもしれない。

でも、今目の前にある課題を解決するトレーニングはとても大切だと思うんです。
原始的なレベルでも、創意工夫で解決できることはいろいろあるはず。

彼が言うレベルが低いというのとは、全く別次元のことだと思うのですよ。
彼にも何気にそういう話をしたんですけれど、どうも理解してもらえなかったようでした。

もしかして、医学の世界でもこんなことが起きているのではないのかな、そんな気がしてきました。

つまり、医学の研究者は、遺伝子のゲノム編集やら、新薬の開発やら、その他いろいろ、最先端のことには夢中になっていても、医療の現場で起きている簡単な課題には興味がないのではないかって。

これまで難病と言われてきたものでも、もしかしたら少し生活習慣を変えたり何か効果的な運動により改善できるかもしれない。そういうことには興味ないのではないのかな。むしろ、そういう「レベルの低い」ことを言う人を蔑んでいる。

そんな気がしてきました。

まぁ、私はたくさんお金を持っていないので、何か病気にかかっても最先端の治療を受けることはできないし、痛みさえ抑えてもらえば。あとはゆっくり死んでいく方を選ぶかな。
それ以前に、死ぬ瞬間まで自分のことは自分でできる、つまりはピンコロを目指していきたいと思います。

猫だんな日記 2024/3/1

今日は遅く出ても大丈夫な日。

とは言え、モーニングショーの森山みなみアナのストレッチまで見たら、時間ギリギリでヤバイかななんて思いながら、テレビを時計がわりにつけて出かける支度をしていたのです。

 

 


www.youtube.com

 

tohost3250303.hatenablog.com

 

そこに出てきたのがロングブレスダイエットでお馴染みの美木良介氏。

この話はまたあらためて書くとして、予想外に興味深い内容に、つい見いってしまいました。

結局最後まで見てしまい、それならとお天気コーナーの森山みなみアナのストレッチまで見てしまい、もう時間ギリギリ。

慌てて出ていったのですが…

家を出て100メートルくらいのところでしょうか、私の背後でニャッニャッって聞こえる。

振り返ったら、そこにいたのは猫のだんな。怖い顔して私を睨んでる。機嫌悪そう。

おはよう、って頭を撫でようとしたら逃げちゃった。

また私と認識していないのか?

時間ギリギリだけど少しなら良いかなと、だんなの後をついていったのです。

おまいのことなど知らん、と無視するように軽く走る猫のだんな。

やっぱり怒ってる?

私の存在などおかまいなく、ずんずん進む。

でも進む方向は私の家?

玄関の前で止まったよ。

ちゅ~るでもコンボでも、早く出しやがれ!

怒っているのは、もしかして、私が気が付かなかったから?昨日のように玄関の前まで来ていたのかもしれません。

 

tohost3250303.hatenablog.com

 

コンボを出してあげたら、ものすごい勢いで食べはじめて、そしたら吐いちゃった。

一瞬、何があったのか心配になりましたが、猫にはよくあることみたいですね。頭を低くしていると、戻って来てしまうのだとか。

その後はもりもり元気に食べていたので、とりあえずは心配しなくても良さそう。

手にのせたコンボを食べ終わって、もっと食べる?って訊いたら、急に振り返って走って行っちゃいました。

だんなが進む先には、あらま、本命お姉さんがいました…

コンボはいつも、私の手からあげているのですが、だんなにとってこれはどうなのかなと思っていました。衛生的な意味でも、また、人の手からというのは、猫にとってストレスになってはいないのかなと。

家にある食器を使っても良いのですが、まずは100均のペット関連の売場を見たんです。しかしプラスチック製というのはなんとなく味気ない。

ホームセンターのペット売場を見たら、あら、ずいぶんとかわいいのが並んでる。ほぼ一目惚れで買ってきちゃったんですよ。だんながどんな反応するか、ちょっと楽しみ…というか心配。

そのお皿を買って、夜に家に帰ると、だんなが待っていました。

早速、買ってきたお皿にコンポを入れて出してみたら……

あら、逃げちゃった。

ガッカリ…

仕方ないので、いつものように手にのせてみたら、普通に食べました。

だんなは手からではないと食べてくれないみたいです。

このお皿、どうしよう。

自分の部屋のインテリアにでも使うしかないかな…

トホホ…

えび満月というよりはあおさ満月…月というよりすっぽんか?

カキフライを作る時に、手がすべって片栗粉をたくさん出しすぎてしまった。容器に戻すのも何だかなぁと思っていたのですが、捨てるのはもったいない。

そう言えば…!

こないだえび満月の原材料表示を見たときに、じゃがいもでんぷんって書いてあったな。

tohost3250303.hatenablog.com

じゃがいもでんぷんというのは、要は片栗粉のことでしょ?

それならやるっきゃないですよね~

片栗粉に水を少々、塩少々、出汁用に作ってあった干しえびの粉を混ぜて、あおさを少々……のつもりが、ドバドバって出てきてしまった(*_*)

ま、いっか。そのまま続行。

焼いた方が良いのか迷いましたが、カキフライを揚げていたところだったので、揚げちゃうことにしました。

できあがりはこちら。

他のものを作るのと同時進行で揚げていたので、すこし気を抜いてしまった。揚げすぎなのかな~?部分的にかなり固くなってしまった。

でもね、でもね、味はえび満月だったよ~!

なんだか少し感動しました。

次に作るときは、もう少し丁寧に作りたいな。

マタヤルノ?

食日記 2024/2/29

今日は父の月命日。
仏壇にお供えしてあったおはぎとあなごのお寿司を食べなければならないので、夜も食べることにしました。
少しだけのつもりが、なんだかんだと足して足して、普通に食べちゃった。

ちなみに、朝からお供えしてあったおはぎやお寿司は、少しお線香の香りが付いています(笑)。

(今日のたまご 6個)

 

鶏炊き込みごはんブロッコリーの茎でかさ増し(昨日の残り)、米粉のフルーツピザ(キウイフルーツ、金柑、クリームチーズ )、  アボカド、茶わん蒸し、鶏だんごとたまごのスープ、温泉たまご2個、豚しゃぶパセリ  黒ごま、カキフライ  キャベツ千切り

(たまご  3.5個)

あなご寿司  おはぎ大納言つぶあん、温泉たまご2個、だし巻きたまごとほうれん草のそぼろあんかけ、ブロッコリー  トマト、しじみ味噌汁

(たまご  2.5個)

猫だんな日記 2024/2/29

朝、炊飯器の前でごはんが炊き上がるのを待っているとき、台所の窓の向こうでニャーニャー聞こえてきました。

これはだんなの声。

ごはんが炊き上がるまであと3分、それまではなにもできない状態でしたので、ちょっくらだんなに遊んでもらおうかなと玄関の扉を開けてみると、やっぱりいました。

ニャ~

今日はちゅ~るを2本食べて満足したみたい。ちゅ~るの在庫はまだまだたっぷりあるので、食欲満載のときはこちらからあげるようにしています。

食べたらさっさとどこかに行っちゃいました。昨日と違って、朝は寒いですからね。暖かいところに行きたいよね。

※今日は写真無しでした。

昨日の猫だんな日記の記事

tohost3250303.hatenablog.com

カリカリをあげるなら水もあげなくてはとブコメをいただきました。

これについては、以前に書いています。

tohost3250303.hatenablog.com

ちゃんと水を飲んでいるか心配ではあります。

少しずつでも、私の目の前で飲むように促していきたいと思っています。

子供は寝ろ!私は寝たいけど眠れない\(>_<)/

少し前に見て気になったニュース

news.yahoo.co.jp

 


www.youtube.com

とある小学校がNTTの協力を得て、睡眠のデータを取って子供たちに分析させるという授業を行っているのだとか。

率直に素晴らしいと思いました。

私が見た番組ではコメンテーターで中野信子さんが出ていて、とても良い取り組みだと絶賛されていましたね。

睡眠は大事。特に子供の睡眠は大切にしてあげたい。
中野さんも仰っていましたが、徹夜なんて絶対にやっちゃいけない。
これは脳細胞が壊れると分かっているのだから。

努力や根性は大切だとは思うけれど、それは十分な睡眠があって最大限に発揮できるものだと思っています。
時代はどんどん進んでいる、
科学的知見を基に努力しましょう。

いつも思うのですが、子供たちは未来に向けていろいろなことを学んでいます。
それなら社会に出る時に社会がどう変わっているか、それを想定した学びが大切なのではないかと思っています、
そういう意味で、小学生なんて10年~20年先を見越して学ばなければならないのではないかって思うのですよ。
そのために指導する人は、いつだって最先端の知見をもって教育にあたらなければと思っています。
これから将来に向けて、最先端のことを学んでおかなければならないのは、実は小学校の教師。それができないのなら、外部から今の最先端のことをやっている人たちを講師としてどんどん招くのもありなのかなと。

少なくとも、徹夜して頑張ったなんていうのが美談となってはいけない。
危険だからやめなさいと教えてあげなくちゃいけない。

勉強だって、しっかりと睡眠をとった人と徹夜して頑張った人と比べて、睡眠時間が十分な人の方が良い成績をとっているらしい。
記憶は寝ている時に定着するのです。

子供には、何にも増して睡眠を優先させてあげなくちゃいけないと思っています。

子供は寝ろ。

私自身が子供のころからあまり寝ていなかったのです。

とにかく寝つきが悪い。

小学生の頃は、遅くとも9時くらいには絶対に寝床につくように厳しく言われていましたが、そこからが大変でした。
布団にもぐったまま2時間、3時間と時間が経過していきます。
眠れないまま2時、3時になるなんていうのは当たり前にあって、そのまま朝を迎えてしまうこともしばしば。
寝坊するときつく叱られるので、そうなった時には寝るのをあきらめて徹夜していました。

中学生の頃は、11時くらいまでお店のお手伝いをしていたので、そこからお風呂に入ったり、学校のことをやったりすると、寝床に入るのはどうしても1時とか2時になります。そこからなかなか眠れない。
週に2~3日は徹夜して学校に行っていましたね。

周りからは、寝ないでお手伝いをしていたり勉強していたことについて、がんばるねって褒められて、それでいい気持ちになってしまっていた私。
でも誰一人として、そんなのどうでもよいから寝ろ!って言ってくれた人はいなかったな。

一旦寝付いてしまえば、何時間でも寝ることができたのですが、夜になるとほぼ毎日、神経が昂って目がさえてしまうのでした。

これはあくまで私の意見ですが、小学生のうちは、できれば中学生くらいまでは、寝坊や寝坊による遅刻について、寛容であって欲しいなと思っています。
生活のリズムが崩れるとかいろいろ言われそうですが、どうしたって眠れないものは眠れないのです。赤ちゃんはいつだってどこだって寝たいだけ寝ていますよね。その期間をもう少し延ばしてあげて欲しい。

勉強についていけなくなるというなら、放課後に補修をやってあげたら良いじゃん。
先生たちも大変だとは思うけれど、そこは子供の健康、成長が第一で、先生の働き方などすべてはそこから決めていくこと。

とにかく子供はたくさん寝ろと言いたいわけですが、今の私もできたらたくさん寝たい。
子供の頃に比べて寝つきはずいぶんと良くなったものですが、困ったことに、すぐに目が覚めてしまうのですよ。トホホ…

 

Amazonの商品ページは、これをおすすめしていると言うわけでもなく、ましてや売り付けようなんて気持ちはサラサラ無くて、ただ面白そうだからというだけのことです。