このバースデーケーキは、もしかして嫌がらせか(笑)(笑)

昨日は母の誕生日でしたので、とりあえず、おからでケーキを作りました。
レシピとしては、こないだのとそれほど変わりないのですが、前回はすりおろしたりんごを使ったところで、今回は、りんごを予め焼いて、フードプロセッサーにかけました。

tohost3250303.hatenablog.com

ケーキの方は、めっちゃ旨。
これだけ甘さを控えてもおいしく食べられる(もちろん、私個人としての感想にすぎませんが)。
私は甘いものを食べ始めると、とことん何が何でも最後まで食べてしまうのです。つまり依存症状態(笑)。
でもこの甘さでは、その依存症の症状は出ませんね。
お砂糖は麻薬という人もいますが、本当にそう思う。止まらなくなってしまうのです。
しかし、このケーキなら、少し食べたらそれで満足して、それ以上食べなくても大丈夫そう。

味の方は自分としては及第点なのですが、せっかくだから、ココナッツオイルとココアパウダーでなんちゃって板チョコを作って、そこにホワイトチョコレートのペン(市販のもの)で文字を入れようと思ったのです。

その結末がこちら。もう、笑うに笑えません。何じゃこりゃ(ジーパン刑事風)。

言い訳をさせていただきますと、温めて溶かしたホワイトチョコレートが、この寒さですぐに固まってしまうのです。
暖房器具を一切使わない場所で調理しています。ガス台の火だけが、唯一の暖の素です。
寒さで固まってなかなか出て来なくなり、力づくで出そうとすれば、勢いよくドバドバと出てきてしまうし。またお湯につけても、なかなか溶けてくれないし。
まぁ、私のセンスなんてこんなもんですと諦めるしかありません。
これを見て、母はもしかしたら、嫌がらせだと思っているのかも知れません(笑)。

でも、お味の方は本当においしかったんでんですよ。
忘れないうちに、レシピも書いておこうかな(笑)(笑)。

食日記 2023/1/25

母の誕生日だったので、何かケーキでも用意しようかなと思い、帰りにそれっぽいものを物色していたんです。
できればグルテンフリーで甘さ控えめ、予算は2000円くらいまで。(ケチ)

ネットで調べていたら、帰る途中にあるお店で、ホールで1個4000円のバスクチーズケーキが見つかりました。思いっきり悩みました。かなりの予算オーバーだし。
よくよく見てみると、作る数量が限られていて、たくさん作れないために早い時間に売り切れるのだとか。

わりと早い時間に帰れそうだし、それなら自分で作っちゃえ、ということになりました。

作ったのは、もちろんケチケチです。
おからを使ったケーキです。
ロールケーキにしたのは、生地が薄いので焼くのに時間がかからない、ただそれだけのことです。

自分の分は、端っこの方を切り取ったものです。
自分で言うのもナンですけど、とてもうまいです。
余裕があればレシピを書きたいくらいです。それくらいの価値があるものかどうかは疑問ですが。

tohost3250303.hatenablog.com

さてと、お昼にカリフラワーで量増しして糖質控えめのチャーハンを作ったのですが、油をあまり使わないでいたら、鍋肌におこげがこびりついてしまいました。
洗うの面倒くさそう。
となれば、あれをするしかない。

チャーハンを少し残しておいて、焦げ付いたお鍋にスープを足して、夜に雑炊にしました。
これなら洗うのも楽だし、食べ物を無駄にすることもないし、しかもおいしいし(ほんとに?)、良いことばかりです。
本当においしいのだよ、(* ̄▽ ̄)フフフッ♪

 

市販の豆乳から作った自家製木綿豆腐、温泉たまご2個、ベーコンエッグ 五目卯の花 梅干し、納豆、具だくさん味噌汁

カリフラワーでかさ増しチャーハン、温泉たまご、ブロッコリー、麻婆白菜

チャーハンの残りで作った雑炊、温泉たまご、サラダ(レタス)、牡蠣のにら玉スープ、おからといちごのロールケーキ

猫だんな日記 2023/1/25

このところ、朝に時間の余裕がある時は、お風呂に入るようにしています。
温まるというよりは、マグネシウムの補給のためです。
お湯に溶かしたマグネシウムがもったいないのです。1回の量で、少しでもたくさんマグネシウムを吸収したいと思っています。

それで今朝、お風呂のスイッチを入れようとしたら、電源が入らない。
お風呂まで寒さに弱かったのか⁉

こないだはテレビのリモコンや部屋の照明が寒さに弱くて調子が悪いと書きましたが、まさかお風呂まで寒さに弱かったとは…。

tohost3250303.hatenablog.com

幸いにも、お風呂の方はいろいろといじくっていたら電源が入りました。
でもそろそろ寿命なのかな?交換してしまった方が良いのかも知れません。

マグネシウムを十分に補給すると、寒さがそれほど気にならなくなります。
今日も冷たい風が気持ち良くて、帽子と眼鏡をはずして歩いていました。
顔から頭に当たる冷たい風がとても気持ち良い。
空気も乾燥しているためか澄んでいて、いつもよりもとてもきれいに見えます。

とは言え、この寒さで気になるのは猫です。
ちゃんと寒さをしのげる場所を見つけているか、心配です。温めてあげたい。

お昼に家に戻って、その後、お昼過ぎに家を出たら、本命お姉さんのアパートの階段からすっ飛んで降りてきました。
これはお腹が空いている感じかな?

油断していました。
慌てて手で擦って温めました。
この寒さでものすごく冷たくなっていたので、なかなか温まりません。
早くちょうだいって顔を近づけておねだりしてきます。

あまり待たせるのもかわいそうに思って、まだ十分に温まっていないうちに、1本目をあげました。

ものすごい勢いで食べる猫のだんな。

でもね、1本食べたらサーッと外に走って行っちゃった。
玄関は寒いんだな。
日なたのところでゴロン。

2本目は十分に温めて、日なたのところであげました。
食べている途中、何かちょっとでも音がすると反応します。
音と私の間に入って、私を守ろうとしているの?という感じ。
そのくせ、それが人や犬だったりすると、隠れちゃうんですけどね(笑)。

あまりにも勢いよく食べるものだから、3本目も開けたんですが、半分くらい食べたらプイッと走り去ってしまいました。

まだ十分に温まってなかったのかも。
その後遠くの方で、また私には見えない何かに向かって、立ち向かっていました。
今日はこんな早い時間からパトロールですか?(笑)

食日記 2023/1/24

豚のレバニラはほぼ罰ゲームでした。
半量をパテにしようと思って買って来た豚のレバーだったのですが、半量で豚レバニラを作るつもりで調理を始めたはずが、は!っと気がついたら、全てのレバーをレバニラにしていました。
母と妹は、パテにすれば、パンに塗って食べるのですが、レバニラだとほぼ食べてくれません。
仕方ない、自分で食べるか。
それにしても晩ごはんが多すぎる。
結局食べ切れず、残りは明日食べることにします。

 

鶏むね肉マスタード、焼鮭 だし巻き玉子 ほうれん草ごま和え、温泉たまご、具だくさん味噌汁

親子丼、さつまいものサラダ、ブロッコリー

鶏むね肉マスタード、茶わん蒸し、豚レバニラ炒め、サラダ(レタス)、ホタテとほうれん草の豆乳スープ、温泉たまご

週間歩記録 2023/4週 1/16(月)~22(日) 84.8㎞

また一つ、自分の変化に気が付きました。
それは歩いている時の姿勢が良くなっていること。
私は子供のころからずっと姿勢が悪い。
矯正するためにいろいろと試みてきたつもりです。
近年ですと、サッカーの長友選手監修の、姿勢を矯正するベルトを使ってみたり。
それで何となく姿勢が多少は良くなったような気もするのですが、締め付けが気持ち悪くて、長くは続きませんでした。
一番の理由は身体が固いということだと思うのですが、今回のことでちょっと気になったことがあります。
もしかしたら、私は姿勢をキープするエネルギーが無かったのではないか。

子供の頃を振り返ってみると、私は教室でじっとしているのがとても苦手でした。
とは言え、当時は妙な動きをすれば鉄拳制裁があるような時代です。
家でも学校でも、かまわず殴られたものです。
そんなわけでしたから、必死に我慢していたような気がします。
今時の発達障害の子供が少し羨ましく思ったりもします。
当時は発達障害なんて言葉は全く聞きませんでしたが、たぶん私はその発達障害なのでしょう。まぁ、吃音も発達障害ですしね。というよりも、実はじっとしていられないのも吃音も、元をたどれば同じことなのかもしれない。

なぜじっとしていられないか、それは心理的なものではないのです。じっとしているのに使う筋力を維持できないのです。
この感覚、今になってようやく自分で説明できたような気がします。

子供の頃の私は、バカが付くほどの力持ちでした。
力比べなら同級生の中で負けたことは全くありませんでした。
中学生の時に、部活の一つ上の先輩にバカが3つくらいつく力持ちの人がいて、その人だけには負けましたが、その先輩には柔道では楽勝だったので、負けたことにはしないでおきます(笑)。
疑問は、そのバカ力の私がなぜじっとしているだけの少しの筋力を維持できなかったのか?ということになると思います。私自身、筋力なら誰にも負けない自信があったので、そこに原因があるとは全く気が付きませんでした。

簡単に言えば、私は一瞬でものすごい力を出すことに長けていても、長い時間にわたって筋力を維持することがとても苦手だったのです。
なにしろ、どちらかと言えばデブ体形の柔道部員のくせに運動会ではクラス対抗リレーの選手に選ばれるくせして、長い距離を走らせれば、いつだってクラスでビリから2番目でした。

最近になって知ったのですが、糖を分解してできるエネルギーというのは、大きな力を出せるが長時間持たない。一方で、脂質を分解してできるエネルギーは、マラソンなどの持久力に有利だということです。
私は子供のころから糖によるエネルギーに依存してしまっていたのだなと気が付いたのです。脂質からエネルギーを作れなかったから、持久力は全くなし。
ずっと努力が足りないと思ってきたし、思わされてきました。でもそうではなかった。

つまり、たかがほんの少しの力でかまわないのに、そのほんの少しの力を維持できなくて姿勢をキープできなかったのではないか、そんな風に考えました。

今はいろいろと考えるところがあって、糖をできるだけ摂らず、脂質からエネルギーを作るような食生活を目指しております。
その甲斐あってか、長い距離をかなり楽に歩けるようになりました。
意識してゆっくり歩くようにしない限り、歩くスピードがどんどん速くなっています。
去年の今頃は、いつもの直売所まで3時間15分くらいかかっていたと思いますが、今週はついに3時間を切りました。
決して意識して早く歩いているわけでもないのです。普通に歩いていて、勝手に早くなっているのです。

お年寄りが筋肉の減少で歩くスピードが遅くなるというようなことをよく聞きますが、それは誤りですね。筋肉減少の影響が全くないとは言えませんが、それ以上に、エネルギーを産生できなくなっているという方が正しいのではないかと思います。
だって、もしも筋肉が少ないとそれが即スピードの低下だというなら、あの細身のイチロー選手があんなに速く走れたわけがないじゃないですか。

やば、また意味もなく長い文章になってしまった。
このまとまらない文章は、きっと発達障害の証なのかもしれません。
まだまだ続きはありますが、またあらためて書くことにします。


1月17日 阪神大震災
この日は亡き父の誕生日でもあります。
前にも書いたことがあるけど、9月11日アメリ同時多発テロは兄の誕生日。
私の誕生日は7月ですが、いつかこの日に何か大きな事件や災害が起きるのではないかとヒヤヒヤしています。
その時のために備えておきたいものです。

 

 

今週歩いた距離 84.8㎞(17:58)

累計 271.9km(57:10)

今日は焼き芋を食べる日 2023/1/23

私は新しい出会いのウキウキよりも失った時の悲しみの方が強くて、いつまでも心の中にとどめておきたいという気持ちがとても強いのです。
そんなわけで物をなかなか捨てられなくて困っておりますが、生きているものの場合、どうしたって必ず別れがやって来てしまう。

その人を心の中にとどめておきたいと思った時、思いついたのが、故人が好きだったものを命日や月命日にいただくこと。ただの食いしん坊だという説もありますが、結構気に入っています。

ちなみに祖父の月命日には、まぐろのブツ切りと焼のり。命日になると、そこに塩豆が加わります。
父の月命日にはあなご。土用丑の日などでも、うなぎなんてそんな脂っこいもの食えるかと、あなごを愛でていました。
お寿司にしたり、天ぷらにしたり。
父は「ひ」を「し」と発音してしまう江戸っ子でした。生まれた場所、住んでいた場所が東京とは言え、江戸と言えるかどうかは何とも言えませんが。

ブログで仲良くして下さっていたおりょー♪さんが亡くなって、やっぱりおりょー♪さんのことを忘れないでいたいと思った時に、好きなものって何だろう?で思いついたのが焼いもです。おりょー♪さんも基本的には食いしん坊なので、食べ物についてはいろいろと書いていましたが、その中でも焼いもについては、熱く語っていたという印象が強いです。

だから、おりょー♪さんの月命日に合わせて、毎月23日は焼いもを食べる日なのです。

2週間ほど前に自然栽培の野菜をあれこれ買ってきましたが、やっぱり私には向いていないと思いました。
決して、自然栽培の野菜に意味がないとか、おいしいわけでもないとか、そういうことではないのです。
実際にとてもおいしいと感じました。いろいろな味が感じられて、しかもその味が濃い。
それならなぜ?ということになると思いますが、一言で言えばもったいなくてなかなか食べられないのです。
普通の野菜を普通に食べるように調理してしまえば良いものを、そこになにか特別なものを求めてしまうので、なかなか使いきれずにいつまでも冷蔵庫の中でゴロゴロいているのです。
次第に鮮度も失っていくし...。

そう、さつまいもも2週間、ずっと冷蔵庫の下の方にずっと鎮座していました。

いつもなら焼いもを買って来て食べるのですが、今回はこの自然栽培のさつまいもをいただくことにしました。

まずは普通の焼き芋。

と、思ったのですが、それではあまりにも芸がないというものです。
私は、さつまいもから作ったお菓子に、芋焼酎を染み込ませて食べるのが好きです。
香りがとても良いのです。
それならと、焼き芋に染み込ませてみてもおいしいはず。

さつまいもは、あまり高くない温度でじっくりと過熱すると、でんぷんが糖に変化してとても甘くなります。
まずはさつまいもを2時間ほどかけてゆっくり蒸し上げてみました。そして香ばしさを出すために、オーブンで20分ほど焼きました。
これをまだ熱いうちに焼酎に投入。ちなみに今回使った芋焼酎黒霧島です。
もう一つの方の、お菓子を作った時に余った豆乳クリームチーズを添えてみました。

焼き芋の姿を残したかったので、1本のまま焼酎に浸けてしまいましたが、これは失敗でした。焼酎の染み込み具合がイマイチでした。一口大くらいに切ってから浸ければ良かったな。でなければ、爪楊枝等でぶすぶすと穴を開けておくとか。
豆乳クリームチーズは、あってもなくても良さそうでした。味にあまり影響は与えない。強いて言うなら、焼き芋だけだと口の中の水分をかなり奪うので、豆乳クリームチーズで少し湿るという役割はできたとは思います。
食べる時は結局、焼き芋を一口大に切って、焼酎につけて食べました。
やっぱり芋焼酎はとても合うと思います。焼き芋にとても良い香りが加わります。お酒好きの方は、是非ともお試しください。

そしてもう一つは、焼き芋を使ったロールケーキです。
お砂糖を使いたくなかったので、クリームはクリームチーズです。
うちから一番近い業務スーパーで、やっとBUKOクリームチーズが入荷しました。
もう何か月もずっと欠品していたのです。
BUKOのクリームチーズは、増粘剤が入っていないので、やわらかくてとても扱いやすいです。

スポンジもお砂糖を使っていません。
レシピを簡単に。

(材料) 上の写真のものが7切くらい
・焼き芋 皮をむいた状態で160g 裏ごししておく 皮に近い部分は筋っぽいので、他に使い道があれば皮は厚く切り落としたいところです
・豆乳クリームチーズ 80g
・たまご 2個 卵白と卵黄に分けて、卵白はよーく泡立てておく
・BUKOクリームチーズ 150g
これだけです。

(作り方)
1,裏ごしした焼き芋と豆乳クリームチーズと卵黄をよーく混ぜる。
2,1に卵白を加えて、ざっくりと混ぜる。
3,2をオーブンシートに平べったく伸ばして、予め200℃に予熱しておいたオーブンで15分焼く。
4,粗熱が取れたら海苔巻きを巻く巻きすにオーブンシートごとのせて、クリームチーズをぬって、オーブンシートをそーっとはがしながら巻き上げる。
冷蔵庫で冷やして出来上がり。

これにも芋焼酎を染み込ませていただきました。
めっちゃ旨。
ただし、甘さはそれほど感じられませんので、甘くなきゃダメという人にはおススメしません。もしくはお砂糖を加えて作って下さい。

今日は、さつまいもを食べ過ぎました。お腹がすごく張っています(笑)。
自然栽培のさつまいも。思ったより甘くはなかったけど、焼き芋状態で端っこの方を少しつまみ食いした時は、やっぱりいろいろな味が感じられました。
私には向かないと書いたけど、やっぱり時々はちょっと贅沢して、食べたいなと思いました。

来月はたぶん、スーパーの安い焼き芋になると思います。お楽しみに(笑)(笑)。

焼き芋を食べながら、おりょー♪さんのブログを読み返していました。
糖質制限で検索して。

糖質制限は癌治療に効果があると言われています。おりょー♪さんは、糖質制限を通り越して、ケトジェニックダイエットのレベルでやっていたんですね。

私は別の目的で糖質制限を試してみていますが、おりょー♪さんのやっていたことは、私の知識とは少しずれています。
もっと早くから取り組んでいたら、もしかしたらおりょー♪さんにいろいろと教えたあげたり情報を交換できたりしたのかなと、少し悔やんでいます。とはいっても、おりょー♪さんが生きていた頃は、まだそれほど糖質制限に興味があったわけではないのですが。

例えば、おりょー♪さんはω3の油をしっかり摂っていたようですが、これはとても酸化しやすい油なので、撮り過ぎるのは良くないと言われることがあります。また、その酸化の対策としてビタミンEが必要です。
また、MCTオイルも使っていたようですが、それを主なエネルギー源とするなら、摂っている量が少なすぎると感じました。それでは力が出なくて痩せていくのも仕方ない。
初めてしばらくは良い方向に行っていたのが、ある時を境に苦しくなってきてしまったのは、たぶん、マグネシウムの不足によるもののような気がします。
油をエネルギーとして利用するには、マグネシウムは不可欠です。
たぶん、おりょー♪さんはもともとマグネシウムが不足気味だったのかも知れません。
元々足りないところでケトジェニックなんて始めてしまったものだから、マグネシウム不足に拍車がかかってしまったのではないか。
マグネシウムが足りなくなると、いくら油を摂ってもそれをエネルギーに変えることが困難になります。
それは私も身を持って実感しております。
油だけ摂っていた時は、なかなか力が湧かなかったけれども、マグネシウムたっぷりのココアパウダーをココナッツオイルに混ぜて食べるようになって、ものすごく力が湧いてくるようになりました。
マグネシウムは免疫にも関与しているし。

あとは、好きなものが食べられないもどかしさ。
私は甘くしないで満足感のあるものを作るとか、そういうことに妙に興味が湧いてしまったので、それが楽しくなってきてしまいました。
おりょー♪さんのために、低糖質で何かおいしいものを考えてあげることもできたのではないのかなって。

おりょー♪さんは糖質制限やケトジェニックダイエットについて本を書いた医師に指導をしてもらったようですが、その内容が私の知識と少し違うのがとても気になる。
まだ治療法として確立できていない。
でも、マグネシウムだけでもしっかりと摂れていたら、少なくとももう少しは元気でいられたのかなって、そんな気がしています。