読書の記録 2022/3・4週 1/10(月)~23(日)

年を越してからというもの、なんだか本が思うように読めなくなっていました。
時間が無いということはなくて、読み始めてもなかなか本の世界に入って行けないのです。全然頭に入ってこない。いつもなら我慢して読み進めていくと、いつの間にか入ってくるようなるのですが、今回はなかなかそうはなりませんでした。
これはいったいどういう事なのでしょうか?

やっと少しずつ元に戻ってきたところです。

図書館で借りてくるのは、買うまでもないなと思ったとか、買おうかどうか迷った本を少し読んでみて、買うか判断しようということです。
基本的には、著者を応援するという意味でも、本は買うものだと思っています。
お金に余裕があれば、気になった本を片っ端に買って、読んだら寄付するということをやったみたい。なんだかそういうのってかっちょいいなぁと思っています(笑)。

現実にはそこまで余裕はないので、手元に置いておきたい本だけを買っています。
しかし、買ってしまうと、ホッとしてしまうのか、なかなか読まないのです。
期限のある、図書館で借りてきた本が優先になってしまう。
それなら借りなければいいのにと思うのですが、次から次へと気になる本が出てきてしまうのですよ。悩ましい毎日を過ごしております。

本の記録 借りてきた本・買ってきた本

前週までに図書館で借りていた本

できない相談 森絵都著 (読了)

最後まで「こうしないと負けた気がする」のお話が満載の本でした(笑)。

ポリヴェーガル理論入門 ステファン・W・ポージェス著

前回にも書きましたが、この本は、ポリヴェーガル理論がどういうものか、その施術がどのような効果をもたらすかを書いたもの。どちらかと言えば、セラピストのための本だなと思いました。
このポリヴェーガル理論については、自分でやってみるという本も出ていますので、今度はそちらの方を読んでみたいと思います。

今週、図書館で借りた本

健康自主管理と食品の常識 三石巌著

日本における分子栄養学の草分けともいえる存在の三石巌先生。医者ではなくて、物理学者です。医者ではないので、忖度なく何でも言える。
もともとはご自身の健康管理のために始めた研究だったようです。食べたものが体の中でどのように変化、作用するか。ご自身の専門の、物理学や生化学の知見を総動員してたどり着いた三石理論には、例えば「うつ消しごはん」の藤川徳美先生等、たくさんのファンがいます。
私も以前には文庫本を中心にいろいろ読みましたが、最近になって、MEC食やら糖質制限、さらにはサプリメントを始めたたところで、まだ読んだことのない本からもう一度読みたいと思いました、

「利他」とは何か 伊藤亜紗編 (読了)

東京工業大学の未来の人類研究センターの面々が、それぞれの研究の立場から「利他」とは何かと考察したものです。私は単に、伊藤亜紗さんの文章が好き、それだけで読んだ本なのでした。

「利他」の反対は「利己」ですね。
つまり利他というのは、私以外の誰かのために...ということです。

とても耳ざわりの良い言葉ですが、支配的になってしまう側面もある。
相手を自分にとって都合の良い括りの中に閉じ込めようとしてしまう。

ブレイディみかこさんの本「他者の靴を履く アナ―キックエンパシーのすすめ」など、他者の立場になって考えることの大切さが問われる昨今です。

私もいろいろと考えてしまうようなこともありました。
相手によかれと思ってしたことでも、もしかしたら不快な気持ちにさせてしまったり、その人にとってはただの迷惑だったのかもしれません。
特に相手に何か障害があるような場合は、余計にセンシティヴにならざるを得ません。
私も吃音を持っている身ですので、身をもってわかっているつもりでも、なかなか正解がわからないです。

tohost3250303.hatenablog.com

tohost3250303.hatenablog.com

ときどき孔子儒教の話が出てきたりなど、そうなるとその辺りに明るくない私にはちんぷんかんぷんになってしまいました。途中では、言葉を転がしているだけの言葉遊びのようにも感じてしまいましたが、それは私の読解力が足りないのでしょうか?

読み進めているうちに、だんだんと言葉が入ってくるようになりましたが、全体として自分の中では消化不良になっています。
簡単に結論が出てくるようなテーマではないし、本自体はそれほど分厚い本でもないし、もう一度読んでみようかなと思っています。買っちゃおうかな。

さくららら 升井純子・文 小寺卓矢・写真 (読了)

大山ちこ (id:chiko_yama)さんのブログで紹介されていました。気になって、図書館で借りてきました。

chiko-yama.hatenablog.com

図書館では児童書の絵本のコーナーにおいてあった写真絵本。
この北海道にある小さな桜は、他の木と比べてずいぶん背が低くて、開花も遅い。
「わたしがさく日は わたしがきめる」
柄にもなく胸が熱くなってしまったのでした。

その他

カラフル 森絵都

元日にブックオフで100円で買ってきた本です。
森絵都さんの文章は、優しい、易しい、とても読みやすいので、これなら電車の移動中でも読めるか試してみたかったのです。
思った通りでした。電車等、集中できないようなところで本を読むのができなかったのですが、この本は、電車での移動中だけで読み終えることができました。

とてもおもしろかった。
死後の世界では、抽選でまたこの世に戻って来られるのです。
ただし、1年間限定。そして、だれの体に戻れるかはわからない。しかも、前世の記憶は消されてしまっているのです。
主人公は自殺した中学生の体に戻ってくることになり...

自殺した中学生の片思いの同級生が援助交際をしていたり、母親が習い事の先生と浮気していたりと、初な(笑)私には少し刺激が強すぎる部分もありましたが、全体としては中学生の頃の繊細な心の動きを思い出させてくれるようなお話でした。
途中でなんとなく結末が読めてしまって、その通りになってしまったのですが、まぁ、思った通りに話が進むというのも決して悪いことではないと思っています。
最後はうまくまとめようとして、少し説教ぽくなってしまったかな。

あとがきを阿川佐和子さんが書いていて、実はこの小説は映画化されていたのですね。阿川さんは、中学生のお母さん役で出ていたということでした。
監督のイメージにぴったりの人ということで阿川さんが抜擢されたのですが、演技経験がないので、お友達の檀ふみさんの相談したら、その檀さんが台本を読んで、「私がやりたい」と乗り気になってしまったのだとか。結局それは却下で、やっぱり阿川さんが演じたのでした。

今回は以上です。

猫日記 2022/1/25

出かけようとして、玄関の扉を開けたら、そこにお行儀よく座っているヤツがいました。
ひるむことなく、逃げることなく、じっとこちらを見ていました。
ニャァ...

なんだか可笑ししくなって、なぜか映画「ライフ・イズ・ビューティフル」を思い出して、思わず
ボンジョールノ! プリンツィペッサ!
(こんにちは、お姫様)
と言ってしまった(笑)。イタリア人かよ。

もしかしたらその直前にトイレに入ったので、それを窓の外から見ていて、そろそろ私が出てくるなと待ち構えていたのかもしれません。

今日はチャオちゅーるは1本で満足したようで、1本食べたところで、さっさとそこから立ち去ってしまいました。
しばらくは家のすぐ外にいて、ちょっとだけ出がけにコチョコチョしたのですが、今日はいまいち機嫌がよろしくなく、あまり反応もありません。いつもなら出かけていく私を凝視するのですが、それもなく、ぼんやりと宙を見ていました。

もしかして、寝起きだったのかな?

週間歩記録 2022/第4週 1/17(月)~23(日)

1月17日といえば、阪神大震災ですね。
この日は亡き父の誕生日。兄の誕生日がアメリカの同時多発テロに日なので、そのうちいつか、私の誕生日にも何か恐ろしいことが起こりそうで心配しています。
最近は九州で大きな地震があったり、小笠原で噴火があったと思ったら、トンガの海底火山の噴火で津波警報が発令されたり、気にかかることばかりですが、こればっかりは私の力で食い止めようがない。何事も起こらないこと、起こっても被害が最小限で済むことを祈りつつ、何かあった時のための準備は十分にしておきたいところです。

最近、テレ朝でドラマ「ゴンゾー」が再放送されていましてね、このドラマ、大好きなんですよ。刑事ものなのですが、普通の刑事ものとは少し雰囲気が違います。ところどころにドロドロした気持ち悪い部分があって、そこに引き込まれます。かと思えば、ときどき小ネタも仕込んであったり。
主演の内野聖陽さんの演技は、いつも大げさすぎるというか、作りすぎていて、もともとはあまり好きではなかったのですが、このドラマについてはその作り過ぎ感がとてもはまっているような気がします。
あと、新人刑事役の本仮屋ユイカさんも好きですが、備品係の吉本菜穂子さんが大好きです。まだ若い頃の高橋一生さんが、駆け出しの刑事の役で出ていたりします。今とはずいぶんと雰囲気が違って、面白いです。
エンディングでかかる小谷美紗子さんの「Who」という曲がとてもかっこいいのです。


www.youtube.com

元日に行ったブックオフで、この「Who」が収録されているCDを見つけて、買っちゃいました。やっと見つけた、って感じ。(基本的には)ピアノとベースとドラムスの3ピースというのがとてもいい。こういうの大好きです。
もともとただの刑事もののドラマになるはずだったのが、この曲が主題歌に決まってから、台本が全面的に書き換えられたのだとか。(YouTubeのコメントに書いてありました。)

で、お昼の2時ごろからの放送なので、さすがにそうは見れないわけですが、何とか見れる日は見たいじゃないですか。1話完結ではないのですが、ストーリーはだいたい頭に入っていますので、途中から見ても、どこかが欠けていても、問題ないのです。

農産物直売所に行った日、いつもなら、体調が良ければ歩いて帰ることも考えますが、この日はこのドラマが見たくて、最初から帰りは電車に乗ろうと決めていました。
帰りには他にも買い物をする予定でしたが、当初の予定通りに帰れれば、ちょうど放送が始まる時刻に家に着くはず。
最後の買い物で少し手間取ってしまい、すこしだけ予定がずれてきてしまって。そして、線路を横切るのに、いつもなら地下道を通るところ、この日は駅の構内を通ってしまったのですね。
そしたらですね、いました。お巡りさん。またですよ。約1週間前の再現です。

tohost3250303.hatenablog.com

今度は若いお巡りさん、男女の2人組。
「今ですね、駅の構内の警備を強化していまして、恐れ入りますが、お荷物拝見できませんでしょうか?」
私「別にいいですけど、2回目ですよ。」
「今日、2回目ですか」
私「いいえ、先週です」
「皆さんにお願いしています。」
皆さんっていうけど、私は他の人が呼び止められているところを見たことがないんですけどね。あぁ、これで最初から見れなくなってしまった。

たぶん、その日は白菜を丸で買ったので、荷物がとても大きくて目をつけられたのではないかと思っています。先週もやっぱり荷物が大きかったし。
でもね、今、毎日買い物に言っちゃあかんと言ってるじゃないですか。週に2回だとすると、やっぱりそういう量になってしまいます。
きっと、長ねぎや大根をバッグからはみ出させて持っていれば、怪しい人認定されないのでしょうね。そのかっこうで、ちょっとおしゃれな街の本屋さんに行かなければならなくても。いや、私がそんな風だったら、もっと怪しく見られそうな気もしますけど。

今回は交番ではなくて、人がたくさん歩いている駅の構内、切符売り場の前です、そこで野菜がたくさん入っているバッグを開けて広げました。恥ずかしい...。さすがに、交番の時のように、全部出したりはしませんでしたが。
キツキツに詰め込んであったものだから、またしまうのが大変なんですよね。手間取ってしまったので、お巡りさんにはもう大丈夫ですよとお伝えしたのですが、申し訳ないと思ったのか、そばで荷物を詰め込み終わるのを待っていました。でもね、その方がもっと恥ずかしいんですけど。
誰に文句を言うようなことでもないし、その若いお巡りさんは両方ともとても丁寧に接して下さったので、特に悪い気持ちにはなっていませんが、やっぱり私は怪しい人なんだなぁとあらためて思うのでした。テロリストに見える?それとも、他人を道連れに死にたがっているように見えるのか?やっぱり残念な人に見えるのでしょうね(笑)。

23日のおりょー♪さんの月命日は、またいつものように焼いもをいただきましたよ。

f:id:tohost32503:20220123201929j:plain

なる (id:nantoka-naru)さんは焼いも愛が高じて、自分で石焼いも(風)を作ってしまったようですね。すごい。

nantoka-naru.hatenablog.com

私が食べたのは、スーパーの焼いも焼き器です。それでも中はトロトロになっていて、これで十分満足なのですが、こういう記事を読んでしまうとやってみたくなる。
あ、でもうちにはすでに、こういったストーブは無かったのでした。残念。チーン。
以前にテレビの料理番組で、天ぷらのお店が、さつまいも1本丸ごとの天ぷらを揚げていました。確か1時間くらいじっくりと低温で揚げているの。
一度真似したことがあって、これもまためっちゃ甘くなっていましたよ。

寒いと本当に疲れますね。たぶん、寒さから体を守るために、身体が皮下脂肪を蓄えようとしているのではないでしょうか。暖房器具を使わず、寒さに耐えていたら、少し体重が増えてしまいました。
皮下脂肪を蓄える=食べ物から摂ったカロリーをエネルギーに変換しない
つまり、エネルギー不足で体を無理やり動かすものだから、疲れがたまって取れなくなるのではないかと思います。冬眠というのは、実はとても合理的なのかもしれません。できることなら、自主的に冬眠したいところです。
そうそう、最近読んだ本に、季節性の鬱にはビタミンDが効果的であると書いてありましたが、冬の場合は、案外、体を冷やさないというのも効きそうな気がしています。
私は、家では一人我慢大会をしています。暖房器具を使うのにどうしても抵抗があるのです。ぎりぎりまで我慢します。そのくせ、セーターのチクチクが苦手で、着るのに躊躇するのです。
でも、この冬はとても寒い。家にいる時は、昼間からお布団にもぐっていることになります。何とかならないかなといつも思っているのです。
で、そんな時にこのミケうさぎ (id:mikeusagitan)さんの記事でした。

www.mikeusagi.com

そっかぁ、セーターがダメでも、ダウンなら着れるかも。
ユニクロはなぜか恥ずかしくって着れないのですが、家の中なら大丈夫かも。実際に、家の中では30年物のユニクロのフリースを着ていますし。
あ、ユニクロを着ている人を見て、悪く思うことはないのですが、自分が着るというのは違和感があるのです。外出時に着るのは、ちょっと怖い気がする、そんな感じかも知れません。

tohost3250303.hatenablog.com

買っちゃおうかなぁ、と心が傾いています。

繰り返しますが、食べる量も体の動かし方も変わっていないのに、体重が増えるというのは、エネルギーがうまく作れていないということ。これは体にも心にも悪いのです。
やっぱり体は冷やさないようにしなければならないのだなぁ、と思う今日この頃なのでした。

 

 

今週は寒さ疲れで距離が伸びませんでした。(言い訳)

今週の記録 68.4㎞(14時間41分) ※グーグル・マップより算出しております。

今年の累計 222.3㎞(47時間18分)